包茎矯正 グッズ

包茎を治すために、包茎手術を考えている方、待った!

なぜ、包茎矯正グッズを使う方がいいのか?

包茎をどうにかするために、手術を考えている方は、ちょっと考えた方がいいかもしれません。包茎クリニックのサイトには、ほとんど包茎手術へのリスクは書かれていません。しかし、実は、包茎を手術してしまうと、快感が減る方が多くいます

 

手術をするときは、亀頭にかぶっている包茎を切除します。しかし、包皮の先端は、性感帯の部分なんですね。特に、包皮の先端の下側の部分で、亀頭と皮がつながっている「裏筋」と呼ばれる部分は、特に性感帯が集中しています。「裏筋」の正式名称は「包皮小帯」と言いますが、包茎手術をするとき、男性の性感帯である「包皮小帯」を一緒に切除されてしまうことが多いんです。

 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正グッズNo.1の『キトー君』公式サイトはこちら

 

包茎矯正グッズを使わず、手術した末路

 

大手のクリニックなら、包茎手術は、最近は3万〜6万程度ですが、実は、安い包茎手術だと、手術も適当です。安い包茎手術の場合は「クランプ」と呼ばれる器具を使って、そのガイドに沿って、包皮を機械的に切るだけなんですね。そのため、クランプを使った包茎手術だと、包皮小帯が切除されてしまう可能性が高いわけです。

 

もちろん、普通に、お医者さんがペニスにそって、目視で行う包茎手術もありますが、その場合は10万円〜30万円程度と、桁違いに高くなります。しかし、きちんと目視で包皮を切ってもらっても、性感帯がきちんと残っているという保証はありません。そのため、包茎手術を受けた方からの、「性感が落ちた」というクレームが耐えないんですね。また、中には、包茎手術後も糸が残っていてペニスに違和感が残り、別の包茎クリニックで摘出してもらって再度お金がかかってしまったり、最悪の場合、ペニスが壊死してしまったというケースもあります。包茎手術には、さまざまな副作用やリスクがあるので、包茎手術の危険を避けるためにも、まずは、自分で包茎矯正グッズを試す方が、やはり安全なんですね。

 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正グッズNo.1の『キトー君』公式サイトはこちら

 

包茎矯正グッズや包茎矯正器具の第一歩は、包皮を伸ばすことです

 

包茎矯正器具で有名なのは、「ビバーパンツ」と「包茎矯正リング」と呼ばれるものの2つがあります。

 

「ビガーパンツ」は、ブリーフ型のパンツの中で、ペニスの包皮をむいて固定できるパンツです。しかし、「ビガーパンツ」は、履いているうちにペニスの包皮が元に戻ってしまうので、あまり意味がありません。

 

「包茎矯正リング」は、無理やりペニスの皮を向き固定して、ムキ癖をつけるリングです。しかし、実際、やってみたことのある方ならわかりますが、無理やりペニスの皮をむくと、亀頭が締め付けられて激痛が走ります。「包茎矯正リング」は、包皮の伸縮性を超えるくらい剥かなければいけないので、かなりツライんですね。

 

しかし、「ビガーパンツ」も「包茎矯正リング」も、うさんくさい通販の全盛期であった1980年代に流行った商品です。1980年代は、インチキ商品が多く発売されており、「目がよくなるメガネ」や「背が伸びるサプリ」、「幸福になれるペンダント」といった、怪しい広告がよく載っており、そんな商品の中に混じって、「ビガーパンツ」や「包茎矯正リング」も人気があったわけですね。しかし、実際に包茎を包茎矯正グッズで改善したい場合は、まずは、「徐々に包皮を伸ばすこと」が大事になってきます。

 

そして、「徐々に包皮を伸ばす」ために作られた包茎矯正グッズが、口コミでも人気のが『キトー君』です。『キトー君』は、毎日、少しずつ包皮を伸ばしていくことで、ムキ癖をつけやすい包皮にしていく包茎矯正グッズです。科学的にみても、皮膚は伸びるものなので、『キトー君』の包茎改善は、理にかなっているといえます。実際、包茎の程度にもよりますが、きちんと毎日『キトー君』を使った方は、みな、1〜3ヶ月程度で、真性包茎の方でさえ、きれいに包皮がムケるようになります。

 

種類
キトー君


メガサイズ
メソッド

包茎矯正リング


ビガーパンツ


ムケル君

特徴 2004年発売の
No.1包茎器具
包茎マニュアル むいて固定 むいて固定 2013年発売の
キトー君類似品
評価
返金保証 ×××

 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正グッズNo.1の『キトー君』公式サイトはこちら

 

包茎矯正グッズの『キトー君』とは?

 

『キトー君』は、「包茎矯正リング」と比べると、少し高いです。「包茎去勢リング」は2,500円程度で買えますが、『キトー君』は、「包茎矯正リング」と比べるとは4〜5倍くらいの価格がします。しかし『キトー君』は、実際に包茎矯正のために使って、改善した方も多いため、実績もある包茎矯正グッズなので、包茎に悩んでいる方は、試す価値は高いといえるでしょう。

 

『キトー君』は、価格の安い「キトー君ST」と、価格の高い「キトー君DX」の2種類があります。「キトー君ST」は、ストッパがついていないため、固定するときは自分で持ち手をキープしなければいけませんが、「キトー君DX」は、ストッパーがついているため、固定する手間が省けます

 

『キトー君』を使う場合は、包皮を伸ばした状態で30分ほど固定する必要があるので、ほとんどの方が、価格の高い「キトー君DX」を購入しています。

 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正グッズNo.1の『キトー君』公式サイトはこちら

 

包茎矯正グッズ『キトー君』の使い方

 

『キトー君』を使うときは、はじめは、勃起した状態で使うと、先端を広げるのは痛いと思うので、萎えた状態で使うようにしましょう。「痛気持ちいい」程度の強度で包皮を広げて、毎日30分、キープするようにします。そして慣れてきたら、徐々に勃起した状態でも「痛気持ちいい」程度の強度で包皮を広げられるように、包皮を伸ばして、慣らしていきます。

 

一度、きれいに包皮がムケルようになったら、あとは、普段からムキ癖をつけるようにすれば、自然と、ムケる状態が定着してくるので安心してください。結局、包茎を治すためには、始めのムキ癖をつけるまでが大変なんですが、『キトー君』は、このムキ癖を付けるのに、大活躍してくれるわけですね。なお、真性包茎の方の場合、ペニスが萎えた状態でも、『キトー君』の先端が包皮の入り口である包皮輪に入らないことがあります。『キトー君』の先端が包皮輪に入らないときは、100均で手に入るプラスチック製の耳かきを2本使って、少し包皮輪を広げてから『キトー君』の先端を入れると、簡単に入るので試してみてください。

 

『キトー君』で包茎を改善するにはは、1〜3ヶ月使い続ける必要があるので、根気は必要です。しかし、1万円ちょっとで、性感帯も維持したまま自分で包茎を矯正できます。また、7年以上包茎のコンプレックスで悩んでいた方も、『キトー君』のおかげで、たった1ヶ月でコンプレックスから開放されたという実績もあります。そのため、手術以外の方法で、なるべく確実に包茎を治したいと思っている方は、一度、『キトー君』をチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

包皮の伸縮性を増すことで、包茎を改善する、2004年発売以来、ロングセラーで今でも売れ続けている、定番のNo.1包茎矯正グッズ。科学的にも理にかなった包茎改善方法で、使用者も多く、信頼性も高い。


器具を使わずに、ペニストレーニングで包茎を改善しながら、さらにペニスサイズのアップを目指す。自宅で気軽に実践できるため、包茎矯正の補助手段として大人気。


ペニスの皮をむいて、ペニスの上部からリングを挿し込んで包皮を固定。昔からある、有名なインチキ商品。


ペニスの皮をむいて、パンツの中でペニスを固定。昔からある、有名なインチキ商品。


2004年発売の『キトー君』を模して、2013年より販売を開始。包茎矯正グッズ『キトー君』のコピー品。


 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正グッズNo.1の『キトー君』公式サイトはこちら