包茎矯正器具のおすすめ

包茎矯正器具には、大きく3種類あります

包茎矯正器具って、結構、うさんくさいものが多いんですよね

包茎矯正器具には、大きく分けて3つの種類があります。

 

  • リングタイプ
  • 下着タイプ
  • 接着(シール)タイプ

 

「リングタイプ」は、リングで包皮を固定するもので、昔から知られているので、包茎に悩む方は、一度は目にしたことがあるかもしれませんね。しかし、リングタイプは、ペニスの大きさにちょうどフィットしづらく、抜けてしまったり、逆に小さすぎて入らない場合が多く、あまり上手に固定することはできません。

 

「下着タイプ」は、下着と包茎の矯正器具が一体になったものです。有名なタイプだと「ビガーパンツ」がありますね。包皮をむいた状態で、下着の中で固定するタイプです。

 

ただし「リングタイプ」や「下着タイプ」が話題となった1980年代は、背が伸びるグッズや視力がよくなるグッズなども販売されまくっていた、インチキ商品のオンパレードの時代だったので、実際は、かなりうさんくさい商品が多いです。

 

「接着(シール)タイプ」は、接着剤やシールで固定するタイプで、最新の包茎矯正法です。ただし、接着タイプは剥がれやすく、しかも1本8,000円以上する、結構、ぼったくりな価格設定です。また、かなり軽度の包茎でない限り、接着剤を何本も使わなければいけないので、お金がかなりかかることも覚悟しなければいけません。ぶっちゃけ、包茎用の接着剤を何本も買うくらいなら、包茎手術で済ませた方が安かったりします・・・。また、接着剤は高いですが、汗や尿、精液などで剥がれやすいため、1日もたないことも結構あるので、かなり軽度の包茎でも、接着剤代はかかります。

 

種類
キトー君


メガサイズ
メソッド

包茎矯正リング


ビガーパンツ


ムケル君

特徴 2004年発売の
No.1包茎器具
包茎マニュアル むいて固定 むいて固定 2013年発売の
キトー君類似品
評価
返金保証 ×××

 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正器具No.1の『キトー君』公式サイトはこちら

 

包茎矯正に失敗しないための、確実性の高い包茎矯正器具

 

包茎矯正器具を使っても、実際には、お金の無駄遣いになることが多いです。というのも、包茎矯正器具は、かなり軽度の包茎で、「時々、亀頭に皮がかぶる程度」の方でないと、あまり役に立たないからです。

 

そのため、包皮が元に戻りやすい方は、固定しようとしても、痛かったり、すぐに包皮が元に戻ったりするので、矯正することが困難です。そんな方に、まず初めにおすすめなのは、「むけやすくなるよう、亀頭を露出しやすくする包茎矯正器具」です。

 

「むけやすくなるよう、亀頭を露出しやすくする包茎矯正器具」は、包皮に伸縮性をつけることで、徐々に包茎を改善できる、科学的にも理にかなった包茎矯正方法です。「むけやすくなるよう、亀頭を露出しやすくする包茎矯正器具」として、最も有名な包茎矯正器具が『キトー君』です。勉強でも運動でも、いきなりレベルの高いところからはじめても、やっぱり途中で挫折してしまいますよね。亀頭を露出する場合も、段階的にすすめれば失敗もありません。まずは、亀頭が自然に剥けるようにするところからはじめれば、確実に包茎を改善していくことができるわけです。

包皮の伸縮性を増すことで、包茎を改善する、2004年発売以来、ロングセラーで今でも売れ続けている、定番のNo.1包茎矯正グッズ。科学的にも理にかなった包茎改善方法で、使用者も多く、信頼性も高い。


器具を使わずに、ペニストレーニングで包茎を改善しながら、さらにペニスサイズのアップを目指す。自宅で気軽に実践できるため、包茎矯正の補助手段として大人気。


ペニスの皮をむいて、ペニスの上部からリングを挿し込んで包皮を固定。昔からある、有名なインチキ商品。


ペニスの皮をむいて、パンツの中でペニスを固定。昔からある、有名なインチキ商品。


2004年発売の『キトー君』を模して、2013年より販売を開始。包茎矯正グッズ『キトー君』のコピー品。


 

科学的にも理にかなった、包茎改善方法!
包茎矯正器具No.1の『キトー君』公式サイトはこちら